東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 働き方・生き方を考える

働き方・生き方を考える

「だれのための本なのか」を考えるということ

商品をリリースするときには、購入者を想定することが必須とされている。だれのための商品なのか、だれが役に立つ商品なのか、この商品を買うと、どんな不便が解消されるのかなどなど。 書籍もそれは同じであって、読者を想定することに …

図会議マスター講座を終えて

事務局としてかかわっていた、図会議マスター講座(1期・2期)が先週末終了。受講生の熱心な姿を目の当たりにして、自分も前に進みたいと思ったし、こういう環境にいられることを幸せに感じた。 図解という言葉は多くの人が聞いている …

書籍『売上を、減らそう。』から感じること

先日行った『売上を、減らそう。ーたどりついたのは業績至上主義からの解放(ライツ社)』出版記念イベントはめちゃくちゃおもしろかった。「営業わずか3時間半」「どんなに売れても100食限定」「飲食店でも残業ゼロ」ー表1に掲載さ …

7月になりました

7月になった。あっという間に時間が経つ。やりたいことがたくさんあって、いろんなことを同時にすすめていて、プロジェクトがどれぐらいあるのかという感じだけど、ひとつずつやっていく。カタチになっているものからまだまだ時間がかか …

1ヵ月前にかかってきた、1本の電話から考えたこと

■1ヵ月ぐらい前、10月の仕事が忙しいときに、事務所に電話がかかってきた。「ライターの○○なんですけど。なにかライティングの仕事ありませんか?」「???」「○○新聞(とある全国紙)で記者やっていたんですけど、一身上の都合 …

「即戦力」を再定義してみた

出版の人たちもそれ以外の業界にいる人も含め、いろんな人たちと仕事の話をしていると、共通して出てくる話題がある。「人材不足」ということだ。どの人と話していても、だいたいこの話になる。単なる人材を探しているわけではないことは …

1 2 3 35 »
PAGETOP