東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

お知らせ

クラウドファンディング実施中

佐谷恭氏は、ありえないと言われ続けたパクチー料理専門店を連日満席の店舗にし、人気絶頂の今年3月に「Paxi House Tokyo」(世田谷区経堂)を閉店しました。現在は無店舗展開をし、全国各地だけでなく海外でもポップア …

書店との直接取引を開始します。

2018年5月より、トランスビューに取引委託し、書店との直接取引を開始します。 詳細はこちら。

改訂新版・復刻版企画、始めます

「かつて出された出版物の中に今読むべき本がある」とのコンセプトで、今期は改訂新版、復刻版の出版を何本か予定しています。ジャンルはビジネス全般(の古典)。 本の寿命は短くなるばかり。でも読むべき本はどの時代でもかわらない。 …

2018年年始にあたって自分の仕事を再定義してみました

2018年が始まりました。新たな気持ちで仕事に取り組みたいと思います。年始にあたって、自分の仕事を再度、定義してみました。『渾身の1冊を作る』というコンセプトにはどんな意味がこめられているか、ぜひこちらをご覧ください。

オンラインショップを開設しました!

弊社で刊行した書籍がこちらで購入できるようになりました。 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込に対応しています。なお、書籍の発送は入金確認後5日以内とさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願い致します。

ブログ

クラウドファンディング本の発送がほぼ終了

■『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術』の発送がだいたい終わった。213人の支援者に対して300冊ぐらいを送るのは大変だった。思っていたより複雑だった。89冊の発送とか普通ないし(笑)。だがなんと言っても、一番 …

絶版新書を図解していただいた

先日、日本図解協会の多部田憲彦さんに事務所に来ていただいて、情報交換した。今回でお会いするのは2度目。そもそもは佐谷さんのクラウドファンディングで知り合った人。こちらがクラウドファンディングの事務局をやっていたこともあり …

『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術』出版記念パーティー

いろいろやることあるけれど、これは書いておかないと。 11月20日はパクチーハウス11周年パーティー&出版記念パーティーだった。佐谷さんが、経堂にあるはしぐち亭というお店を貸しきり、メニューもすべて貸しきって(?)すべて …

1ヵ月前にかかってきた、1本の電話から考えたこと

■1ヵ月ぐらい前、10月の仕事が忙しいときに、事務所に電話がかかってきた。「ライターの○○なんですけど。なにかライティングの仕事ありませんか?」「???」「○○新聞(とある全国紙)で記者やっていたんですけど、一身上の都合 …

『「ありえない」をブームにするつながりの仕事術』から得たこと

■2018年11月10日の信濃毎日新聞で、『ランニング登山』を紹介していただいた。掲載日の前日に連絡があり、記者さんと話ができた。直接話題にはなっていないが、話し終わった後に、地元の方が活躍している姿を紹介することは購読 …

PAGETOP