東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

お知らせ

書店との直接取引を開始します。

2018年5月より、トランスビューに取引委託し、書店との直接取引を開始します。 詳細はこちら。

改訂新版・復刻版企画、始めます

「かつて出された出版物の中に今読むべき本がある」とのコンセプトで、今期は改訂新版、復刻版の出版を何本か予定しています。ジャンルはビジネス全般(の古典)。 本の寿命は短くなるばかり。でも読むべき本はどの時代でもかわらない。 …

2018年年始にあたって自分の仕事を再定義してみました

2018年が始まりました。新たな気持ちで仕事に取り組みたいと思います。年始にあたって、自分の仕事を再度、定義してみました。『渾身の1冊を作る』というコンセプトにはどんな意味がこめられているか、ぜひこちらをご覧ください。

オンラインショップを開設しました!

弊社で刊行した書籍がこちらで購入できるようになりました。 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込に対応しています。なお、書籍の発送は入金確認後5日以内とさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願い致します。

【2017年10月7日開催】出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』

出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』 この度、東京・田園調布の小さな出版社/有限会社ソーシャルキャピタルは、千葉県船橋でまき網で漁業を営む大傅丸六代目漁労長・大野和彦著による『漁魂(りょうこん)ー2020年東京五輪、「 …

ブログ

見えないモノを想像してみると…。

巷は3連休。自分のSNSは山に行っている人、レースに出ている人の投稿ばかり。行きたいな−とは思うけれど、やっぱり今やることはそれじゃないなあと思っている。明日は打ち合わせがある。 この連休は、執筆に取り掛かっている。連休 …

下半期をどう過ごすか考えてみた

小規模出版社のやることの中で、本づくりはどれぐらいの割合なんだろうか。編集以外のことでやることが圧倒的に増えて、そんなことを考えたりもする。一冊作り終われば「ふー」と溜息ついて、次の本にとりかかる。これが当たり前だったけ …

6月22日(金)に思うこと

6月22日(金) ○今月2回めの投稿。前はブログを書いていたのが日常な感じだったけれど、非日常になってきた。これはこれでよいのだろう。今やるべきことはたくさんある。 ○書店には今、『漁魂』と『小さな建設会社の社長の仕事』 …

最近の様子

またまた久しぶりになってしまった。事務所は5月末に引き払った。引越しはほぼ自分でやった。ものは多くなかったけれど、本がやっぱり多かった。在庫問題・倉庫問題は売れても売れなくても、常に付きまとう。 次の場所が工事中なので、 …

いよいよ引越し

月末ですねー。毎日いろいろありますね。今、進行中の仕事も結構大変だけど、新たな企画の打ち合わせ、エンジニアとの打ち合わせ、chatwork読書会のオフ会(←これはとっても良い時間だった。そのあとの飲みも含めて。定期的にや …

PAGETOP