東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

ブログ

「仕事も書くことも同じ」と思うことについて

最近、会ったり、会食をする人は自分で会社をもっていたり、ひとりで仕事をしている人たちが多い。自分と同じような環境なので、必然的に仕事の話で盛り上がる。 いろんな成功例も失敗例も共有するのだけど、共通しているのは、お客さん …

最近、有り難いと思うこと

先日、ある出版社の社長と会食した。今年夏に友人の紹介で知り合い、意気投合。「あれができそう、これができそう」と飲みながら楽しい話をしていたのだけど、よくよく聞いてみると、お母様が入院中とのこと。それもあまり状態がよくない …

事実の記述は難しい、と思う件について

自分の心が種々の思想の偉大さに感動して高ぶってくると、言葉をうまく使おうと野心を起こし、意気も語調もともに高揚することを大いに望み、事柄の高貴さに匹敵するような話がでてくるのです。そうなると自分の掟も、更に一層強く押さえ …

『漁魂』出版記念パーティーで感じたこと

11月4日は『漁魂』の著者大野さんの出版記念パーティーだった。本は7月にできていたのだけど、瞬〆が終息してから、とのことで、この日の開催となった。 会場となった船橋グランドホテルには150人ぐらいの人たちが集まった。漁業 …

モンテーニュが語る読者像がとっても興味深い

『モンテーニュ エセー抄』の冒頭に「読者に」という文章がある。この文章がなんか心打たれる。こんな気持ちで書いた文章のほうが長く読まれるのだなと。長くなるけど、そのまま引用。 読者よ、これは誠実な書物なのだ。この書物では、 …

「お客さまのニーズに応える」をもう一度考えてみる

最近、ちょっとお手伝いしているコンサルの中で、建築家から、有害物質満載の住宅も、添加物まみれの食品も、いきなりできたわけではなくて、買う人がたくさんいるからメーカー側が研究・開発の末に世に出てきたのだということの詳細を聞 …

1 2 3 139 »
PAGETOP