東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

お知らせ

改訂新版・復刻版企画、始めます

「かつて出された出版物の中に今読むべき本がある」とのコンセプトで、今期は改訂新版、復刻版の出版を何本か予定しています。ジャンルはビジネス全般(の古典)。 本の寿命は短くなるばかり。でも読むべき本はどの時代でもかわらない。 …

2018年年始にあたって自分の仕事を再定義してみました

2018年が始まりました。新たな気持ちで仕事に取り組みたいと思います。年始にあたって、自分の仕事を再度、定義してみました。『渾身の1冊を作る』というコンセプトにはどんな意味がこめられているか、ぜひこちらをご覧ください。

オンラインショップを開設しました!

弊社で刊行した書籍がこちらで購入できるようになりました。 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込に対応しています。なお、書籍の発送は入金確認後5日以内とさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願い致します。

【2017年10月7日開催】出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』

出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』 この度、東京・田園調布の小さな出版社/有限会社ソーシャルキャピタルは、千葉県船橋でまき網で漁業を営む大傅丸六代目漁労長・大野和彦著による『漁魂(りょうこん)ー2020年東京五輪、「 …

『大学における英語教育とメディアリテラシー』が刊行

昨年5月から編集にかかわっていた書籍ができあがりました。著者の今までの研究実績を総ざらいして、「市民性」をキーワードに再構成しました。新聞・雑誌に使われている英文テキストをいかに英語教育にいかすかを問う1冊。英語教育、認 …

ブログ

もうすぐゴールデンウィーク

やることがかなり増えてきていて、圧倒されそうになっているのだけど、なんとか平常心は保てている感じ。今意識しているのは、学んで、決意し、実行するサイクル。量をやらずして、効率のいい方法を探しても無駄ということを感じる。だれ …

「それはなぜか」と小さなガッツポーズ

この間、久しぶりに大手町へいった。かつて自分が働いていた場所とは思えないほど、馴染みがない場所になった。昼、時間があったのでランチによく行っていた店に行ってみた。むかしも今もそこにいる人は大勢いるのだけど、人は変わってい …

最近の出来事

別々に進行していると思っていた2冊の本がなぜか同じタイミングで入稿→初校出になりそうで、印刷所とのやりとり入稿作業と著作権の権利関係の手続き、著者とのやりとりに追われる。そのほか取次代行にお願いするための段取りやチラシ作 …

ひとり出版社の週末

ひとり出版社の週末 ここのところハードな日が続いているので、土曜日は仕事はしないと決めた。ランニングシューズを買いに行った。いつもの店員さんはいなかったけれど、ほかの人が丁寧に対応してくれた。買ったのはそれまで履いていた …

4月6日の日記

<2018年4月6日>※なぜか昨日の1日のこと 朝から打ち合わせの連続。午前中、銀行の人が来訪。いつもそうなのだけど、仕事のほか、野球ネタで盛り上がる。高校まで硬式をやっていたらしい。事務所のあたりはなんと言っても、長嶋 …

PAGETOP