東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

お知らせ

オンラインショップを開設しました!

弊社で刊行した書籍がこちらで購入できるようになりました。 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込に対応しています。なお、書籍の発送は入金確認後5日以内とさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願い致します。

【2017年10月7日開催】出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』

出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』 この度、東京・田園調布の小さな出版社/有限会社ソーシャルキャピタルは、千葉県船橋でまき網で漁業を営む大傅丸六代目漁労長・大野和彦著による『漁魂(りょうこん)ー2020年東京五輪、「 …

『大学における英語教育とメディアリテラシー』が刊行

昨年5月から編集にかかわっていた書籍ができあがりました。著者の今までの研究実績を総ざらいして、「市民性」をキーワードに再構成しました。新聞・雑誌に使われている英文テキストをいかに英語教育にいかすかを問う1冊。英語教育、認 …

『西荻窪の玄米菜食の店「米の子」が語る素材と感謝 亭主啓白』が発売となりました。

『西荻窪の玄米菜食の店「米の子」が語る素材と感謝』が発売となりました。 西荻窪の地で、玄米に有機野菜や豆類、発酵食品を使用した定食を提供するお店「米の子」を開業して8年。店主の市川啓さんが、お店で使っている素材と人生を語 …

『西荻窪の玄米菜食の店「米の子」が語る素材と感謝 亭主啓白』出版記念パーティー

3月下旬に西荻窪の玄米菜食の店「米の子(http://komenoko.com/)」の亭主市川さんの書籍が発売となります。素材にこだわった米の子が何を使っているのか、亭主の市川さんはどんな人生を送ってきたのか、を克明に示 …

ブログ

著者会を開催して思ったこと

先日、著者会を開催した。今年うちから本をだしてもらった人と今執筆中の人たちが集まった。場所は『亭主啓白』の著者市川さんの西荻窪にあるお店。玄米やそのほかの料理がとってもおいしかった。身体にやさしいことが体感できる。 集ま …

「仕事も書くことも同じ」と思うことについて

最近、会ったり、会食をする人は自分で会社をもっていたり、ひとりで仕事をしている人たちが多い。自分と同じような環境なので、必然的に仕事の話で盛り上がる。 いろんな成功例も失敗例も共有するのだけど、共通しているのは、お客さん …

最近、有り難いと思うこと

先日、ある出版社の社長と会食した。今年夏に友人の紹介で知り合い、意気投合。「あれができそう、これができそう」と飲みながら楽しい話をしていたのだけど、よくよく聞いてみると、お母様が入院中とのこと。それもあまり状態がよくない …

事実の記述は難しい、と思う件について

自分の心が種々の思想の偉大さに感動して高ぶってくると、言葉をうまく使おうと野心を起こし、意気も語調もともに高揚することを大いに望み、事柄の高貴さに匹敵するような話がでてくるのです。そうなると自分の掟も、更に一層強く押さえ …

『漁魂』出版記念パーティーで感じたこと

11月4日は『漁魂』の著者大野さんの出版記念パーティーだった。本は7月にできていたのだけど、瞬〆が終息してから、とのことで、この日の開催となった。 会場となった船橋グランドホテルには150人ぐらいの人たちが集まった。漁業 …

PAGETOP