東京・田園調布の小さな出版社/出版プロデュース(有限会社ソーシャルキャピタル)

お知らせ

2018年年始にあたって自分の仕事を再定義してみました

2018年が始まりました。新たな気持ちで仕事に取り組みたいと思います。年始にあたって、自分の仕事を再度、定義してみました。『渾身の1冊を作る』というコンセプトにはどんな意味がこめられているか、ぜひこちらをご覧ください。

オンラインショップを開設しました!

弊社で刊行した書籍がこちらで購入できるようになりました。 クレジットカード、コンビニ払い、銀行振込に対応しています。なお、書籍の発送は入金確認後5日以内とさせていただいております。ご了承のほどよろしくお願い致します。

【2017年10月7日開催】出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』

出版記念『「瞬〆」を知る会、食べる会』 この度、東京・田園調布の小さな出版社/有限会社ソーシャルキャピタルは、千葉県船橋でまき網で漁業を営む大傅丸六代目漁労長・大野和彦著による『漁魂(りょうこん)ー2020年東京五輪、「 …

『大学における英語教育とメディアリテラシー』が刊行

昨年5月から編集にかかわっていた書籍ができあがりました。著者の今までの研究実績を総ざらいして、「市民性」をキーワードに再構成しました。新聞・雑誌に使われている英文テキストをいかに英語教育にいかすかを問う1冊。英語教育、認 …

『西荻窪の玄米菜食の店「米の子」が語る素材と感謝 亭主啓白』が発売となりました。

『西荻窪の玄米菜食の店「米の子」が語る素材と感謝』が発売となりました。 西荻窪の地で、玄米に有機野菜や豆類、発酵食品を使用した定食を提供するお店「米の子」を開業して8年。店主の市川啓さんが、お店で使っている素材と人生を語 …

ブログ

ファスティングから考える「必要」と「欲望」の本作り

ファスティングから少し時間が経って思うことがいろいろある。一番大きいことは頭でほしいと思っていること(=欲望)と身体が必要としていること(=必要)はまったく一致しないことだった。自分にとって必要な食事とは?を考えるいいキ …

年末年始ファスティングしてみた

今年最初の投稿だけど、仕事とはまったく関係なく、「年末年始、ファスティングしてみた」という話。 期間は大晦日から1月6日までの7日間。最初と最後の2日間は、準備と回復の期間にあてて、中3日を本格的に実行した。今年は喪中だ …

事務所の大掃除をしつつ思うこと

年末年始、まだまだ事務所にくるのだけど、一応今日が仕事納めということにした。この一年はここでいろんな人の人生を聞いたなあと思いつつ、朝から事務所の掃除。寄り道多かったけれど、だいたい終了かな。あの人はどうしているのかなと …

著者会を開催して思ったこと

先日、著者会を開催した。今年うちから本をだしてもらった人と今執筆中の人たちが集まった。場所は『亭主啓白』の著者市川さんの西荻窪にあるお店。玄米やそのほかの料理がとってもおいしかった。身体にやさしいことが体感できる。 集ま …

「仕事も書くことも同じ」と思うことについて

最近、会ったり、会食をする人は自分で会社をもっていたり、ひとりで仕事をしている人たちが多い。自分と同じような環境なので、必然的に仕事の話で盛り上がる。 いろんな成功例も失敗例も共有するのだけど、共通しているのは、お客さん …

PAGETOP